バッジの製作にあたって知っておきたいこと

カバンや帽子、小物、ファッションのちょっとしたバッジを飾ってアクセントに、コルクボードやワイヤーラックを活用して素敵なコレクション用インテリアとして活用しても楽しいです。雑貨屋などに可愛い、おしゃれなデザインのバッジは沢山ありますが、自分だけのオリジナルなバッジを製作してみても良いでしょう。特にお気に入りの写真や、自分で書いた絵などを使ったバッジは二つとないお手製オリジナルになるでしょう。ファッションを彩るだけでなく、友達や仲間とお揃いにする事や、家族に贈るなど用途はさまざまです。購入しても製作しても費用や価格はリーズナブルなもので、今も昔も手軽でおしゃれなアイテムとして根強い人気があるようです。今回はそんなバッジについて製作する方法についてまとめました。

自分でバッジの製作に挑戦してみよう

自分でバッジを製作するとなれば、手頃な製法と費用で作る缶バッジがお勧めです。思い入れのあるイラストや写真を使用しても良いですし、衣類などの布類をリメイクしても個性的なバッジが作れます。材料などは100円均一ショップでも充分手に入りますし、最近では専用のキットも販売しています。手間と費用を考えて材料を用意しましょう。好みのデザインの台紙にボタンの土台を包み、打ち具でしっかり押さえつけて固定します。缶バッジとして使用したい場合は安全ピンを取り付けますが、磁石を取り付けてマグネットに変身させても面白いかもしれません。インターネットや本でとてもきれいに作れる方法が簡単に調べられますので、こだわりの一品を仕上げたい方はぜひ挑戦してみて下さい。思いが篭ったバッジ達を並べてみると嬉しくなることでしょう。

オリジナルのバッジの製作を依頼する

オリジナルのバッジを作りたいけど時間がなくて手間をかけられない、自分ではきれいに作れるか不安という方は、業者さんに依頼してみるのも一つの方法です。インターネットではさまざまなバッジ製作の業者さんが案内を出しています。缶バッジもピンバッジでも何でもオーダーできます。手作りより少々値段はかかるかもしれませんが、その代わりに手間が省けて時間が節約でき、確実な品質が約束されるでしょう。製作したい個数とクオリティを考えて業者さんを探してみましょう。依頼の方法も実に簡単です。ホームページの案内に従って作りたいバッジの大きさを選択し、デザインしたい絵や写真を送信するだけです。これで数日の間に依頼したデザインのバッジが完成されて届けられることでしょう。同じバッジを量産して用意したいという方にはお勧めです。